我が家が結婚式費用を約30万円節約した方法5選

節約・お得情報

こんばんは!みぞりぬです。

突然の私事ですが、昨年末に無事挙式を終えました!

みぞりぬ
みぞりぬ

結婚式には賛否両論(?)あるけど、個人的にはやって良かった!

さて、結婚式を挙げるとなると、どの家庭でも葛藤するのが以下の2つではないでしょうか。

👉「一度きりの結婚式だから、後悔したくない」

👉「でも予算がかかりすぎる結婚式はイヤ」

我が家も例に漏れず、このパターンでした。

しかし、夫婦で良く話し合った結果、以下の通り、程よい出費で結婚式を挙げることができました。

場所;ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
形態;家族挙式(参列者10名程度)
費用;約70万円

今回のブログでは、夫婦の悩みである結婚式のお金問題について、みぞりぬ家が実践した「結婚式を安く挙げる方法5選」をご紹介したいと思います。

この記事を読めば、夫婦二人で旅行に行けるくらいの金額は節約できますよ!

そもそも結婚式は必要?

極論ですが、一番の節約方法は「結婚式を挙げないこと」です。

普通のよく目にする結婚式って、普通に見積もりを貰うと、500万円くらいはします。

半日で終わるイベントに、これだけの大金を出せるかどうか…これは、夫婦の価値観次第。

もし、それだけの価値を見い出せないのであれば、結婚式を挙げないというのも1つの選択肢。
後は、家族挙式という選択肢もあるし、レストランでパーティーを開くという考えもあります。

「なぜ、結婚式を挙げるのか?」

この点について、式場探しを始める前に、夫婦でとにかく良く話し合うこと。

これが、節約への第一歩です。

【我が家の総意】

「なぜ結婚式を挙げるのか?」→ 家族に感謝の思いを伝えたい 家族婚でOK!

式場選びはブライダルフェアで

結婚式場を決める場合、一か所だけ見学して即契約。これ、絶対にダメです!!!

理由は、以下の2つです。

①特典
「式場や結婚指輪を見学するだけで、お金が貰える」

この話をあなたは信じますか?

これ、現実です。

ウェディング業界では、ブライダルフェアというキャンペーンが開催されています。
そして我々は、式場見学をするだけで、電子マネーやギフトカードが貰えるのです。

フェア名 貰える物 参考URL
ゼクシィ 3会場見学で、40,000円分のJCBギフトカード https://wcp.zexy.net/m?f=171
マイナビ 3会場見学&式場決定で、80,000円分の商品券 https://wedding.mynavi.jp/contents/pc/fr/
campaign/h/8th_anniv/
ハナユメ 3会場見学で、35,000円分の電子マネーギフト
https://hana-yume.net/campaign/new/

金額が大きいのがポイント!

攻略順序としては、マイナビは式場決定が必要なので、先にゼクシィ&ハナユメで見学を済ませ、最後にマイナビ経由で決定するのが最強です。

しかも、これらの特典以外にも、式場独自の割引やキャンペーンがあるのも見逃せません。

例えば、こちらの会場なら、試食+系列店カフェチケット5,000円分が貰えます。

勿論、我が家もフル活用しましたよ~(戦利品は後でまとめています)。

また、式場見学以外にも、関連するキャンペーンが多数あります。

このキャンペーンは指輪の話を聞きに行くだけで、ギフトカードが貰えるというものでした。

このように、ブライダルフェアに参加すると、大きな節約に繋がります。

【我が家の戦利品】

・ゼクシィ&ハナユメで3式場ずつ見学→75,000円分のギフト券をゲット
(我が家が挙式した横浜のインターコンチは、マイナビに未掲載…)
・QUOカード→3,000円分
・ジョンマスターオーガニックのコスメ→5,000円分
・指輪見学→キャンペーン特典6,000円分+店舗特典3,000円分
・フルコース試食×1回
・フルコース試食(1部)×5回
・系列店カフェチケット×3枚
・クルーズ船ペアチケット×1セット

(合計)92,000円+α

②相場感覚を養う
「こないだ買ったジュースが、1本1,000円だった」

この話を聞かされたら、どう思いますか?

「お前、騙されてんじゃん。」こう思いますよね。

でも、これって、「ジュースが1本150円くらいで買える」という相場感覚を知っているから言える話。

結婚式についても、有形無形の差こそあれ、同様なはず。

一度しかやらないから相場が分からない。→人生で一度きりだし→そして契約へ…

これ、本当にもったいないです。

色々な式場を見て、相場感覚を養ったうえで、式場を決定することが大切だと思います。

言いなりにならない

「希望の価格帯のドレス・タキシードを見せてもらえない」

この出来事があってから、我々夫婦の目の色は変わりました。

初めて試着に行った時、希望の価格帯やカラー等、要望は全て伝えたんですが、2回めの試着に行った時、全く準備されていなかったんです。

スタッフの方が全員、そうではないと思いますが、こうやって高額商品を選ばせて、契約させているのか…と不信感が募りました。

そうなると、我々にできることは「言いなりにならないこと」

結婚式は一度きりなので、ついつい「まぁ良いか」となりがちですが、先方と交渉できる部分については、良く交渉してください。

【我が家が主張したコト】

・必要の無いオプションは、堂々と断る
・ドレスやタキシードは、予算内のものを出させる
・宿泊予約は、外部サイト経由でできないか交渉する
・式場見学の当日すぐに契約せず、少し待ってもらうよう交渉する

可能な限り、自作・外注する

式の規模や参列者の人数にもよりますが、小物やブーケなど、外注や自作が可能なものについては、外注・自作しましょう。

結婚式は、もともとの金額が大き過ぎるので、全体的に出費についての考え方が甘くなりがちです。

簡単に言うと、「感覚の麻痺」です。

外注・自作できるものは、式場に頼まない。

家族挙式だからこそという部分もありますが、これだけでも、旅行代くらいは節約できると思います。

あと、結婚式の前撮りは、SNSで無料のモニター募集を探しましょう。

#前撮りモニター募集 #モデル募集 等のハッシュタグで検索すると、お得な案件が眠っているかもしれません。

ちなみに、我が家の場合、奥さんが血眼になってリサーチした結果、以下のような写真を含めて50枚のデータが貰える案件がありました!

ドレス&タキシードだけじゃなく、私服の写真まで撮ってくれました…無料のクオリティー越えてます!笑

みぞりぬ
みぞりぬ

この項目については、全てにおいて奥さんが大活躍!

みぞりぬ妻
みぞりぬ妻

SNSで根気よく探したら見つかりました!
これ、ホントにお得なので超オススメです。

【我が家の節約額】

・席札(式場2,500円⇢自作1,500円)→1,000円分お得
・メニュー・席次表(式場15,000円⇢自作10,000円)→5,000円分お得
・ブーケ、ブートニア(式場35,000円⇢外注10,000円)→25,000円分お得
・OPムービー(式場50,000円⇢自作0円)→50,000円分お得
・前撮り(通常100,000円程度?→モニター利用0円)→100,000円分お得

(合計)181,000円

支払い方法に注意

①ポイント還元

クレジットカード払いの良い点は、ポイント還元が受けられることです。

結婚式の費用は大きいので、これが結構馬鹿にできません。可能な限り、現金払いは避けましょう。

みぞりぬ
みぞりぬ

PayPayとか楽天Payが使えたら、爆益なんですけどねー。笑

②キャンペーンを活用

クレジットカード会社は、現金還元等のお得なキャンペーンが開催していることが多いので、これを積極的に活用しましょう。

我が家の場合、以下のキャンペーンを活用して、後日キャッシュバックを受けました。

・三井住友カード 20%還元キャンペーン
👉https://www.smbc-card.com/nyukai/campaign/cardinfo3010188.jsp

クレカ払いをするだけで、キャッシュバックが受けられるという優しい世界。

ちなみに、カードの分割払いができる式場なら、こうしたキャンペーンを上限までフル活用できます。

夫婦で複数枚利用して、枚数分の還元を受けてしまいましょう!

【我が家の節約方法】

・クレジットカードを複数枚(2枚)利用
・1枚目…三井住友カードの20%キャッシュバックキャンペーンを活用(上限6万円→12,000円お得)
・2枚目…残額(約640,000円)を楽天カード利用(楽天ポイント6,400円分お得)

(合計)18,400円

まとめ

我が家が、結婚式を約30万円節約した方法5選は、以下のとおりです。

  1. そもそも結婚式は必要か?
  2. 式場選びはブライダルフェアで
  3. 言いなりにならない
  4. 可能な限り、自作・外注する
  5. 支払い方法に注意

ちなみに我が家の節約額は、以下の通りとなりました!

\291,400円+α/

みぞりぬ妻
みぞりぬ妻

海外旅行できるくらいの節約額になったね!わーい!

結婚式は人生で一度きりなので、ついつい出費について甘く考えがちですが、是非、この記事の内容を参考にして、お得な夫婦生活をしてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント